World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力とは?

calendar

reload

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力とは?

この記事は

  • ほったらかしキャンプ場の情報収集をしている人
  • ほったらかしキャンプ場でキャンプする人

に読んで頂きたいです。

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力を紹介

山梨県あるほったらかしキャンプ場をご存知でしょうか?ほったらかしキャンプ場と言えば、絶景と温泉を思い浮かべる方も多いと思いますが、ほったらかしキャンプ場の魅力はそれだけではありません。

今回はほったらかしキャンプ場の基本的な情報から、魅力と楽しみ方、周辺の観光スポットなどを詳しく紹介していきたいと思います。

ほったらかしキャンプ場とは

山梨県山梨市にあるほったらかしキャンプ場は、ほったらかし温泉という温泉施設の近隣にある、木がふんだんに使われた手作りでおしゃれな雰囲気のキャンプ場です。

標高約700mの場所にあり、富士山や山梨市の街並みを一望できるので、日の出や夜景などの時間帯には絶景を楽しむことができます。

ほったらかしキャンプ場の魅力

様々なサイトで絶景を楽しめる

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力とは?_2

ほったらかしキャンプ場には、小屋付きサイトやフリーサイト、ほったらかしサイトなど、様々なテントサイトがあり、人数や好みによって選ぶことができます。どこのテントサイトからも絶景が見られるようになっており、絶景を楽しみたい方にはとてもおすすめのキャンプ場です。

小屋付きのサイトはオープンな作りになっていて、横にテントやタープを張るスペースもあり広々としています。また、二段ベッドやエアコン、トイレやシンクなどの設備も充実しているので、快適なキャンプを楽しめます。

小屋付きサイト(兄)は4名までの寝具が付きますが、小屋付きサイト(弟)には寝具はないので、寝袋などを持参するようにしましょう。

ペット同伴でキャンプ出来る

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力とは?_3

ほったらかしキャンプ場には、柵で覆われたほったらかしサイトというテントサイトがあり、ペット連れでも気兼ねなくキャンプを満喫できちゃいます。柵に囲まれていて、ドッグランのように自由に犬を遊ばせることができるので、飼い主だけでなくペットも思い切り楽しむことができます。

すぐ近くには温泉も

絶景だけじゃない!ほったらかしキャンプ場の魅力とは?_4

ほったらかしキャンプ場から徒歩3分程にあるほったらかし温泉は、「こっちの湯」と「あっちの湯」というユニークな名前の露天風呂が2つあります。

「こっちの湯」の特徴

岩と木で作られていて風情があり、木の香りでとても落ち着くことができます。富士山や甲府盆地を一望でき、眺めが素晴らしいです。。

「あっちの湯」の特徴

「こっちの湯」と比べて広さが2倍になっているので、その分景色も広がり富士山や甲府盆地の絶景を一段と楽しむことができます。

ほったらかし温泉の基本情報

料金:大人800円・子供400円(小学6年生まで)
営業日:年中無休
営業時間:日の出1時間前~10時(最終受付は9時半)
タオル:フェイスタオル200円・バスタオル1000円
泉質:アルカリ性単純温泉(pH10.1)

ほったらかし温泉周辺の施設紹介

笛吹川フルーツ公園

笛吹川フルーツ公園は広大な土地の中に、アスレチックなどの遊具、果樹園、果物の歴史を展示しているくだもの館など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。ドッグランもあるので、ペット連れでも安心して遊ばせることができます。

公園内にあるカフェには、ブドウから作られたアイスや、新鮮な桃のジュースなど、季節によって違う果物を堪能することができます。
夜には温室ドームがライトアップされ、富士山を目の前に夜景を楽しむことができるのでデートにもおすすめです。

公園の他にも、ワイナリーや美しい渓谷など山梨県ならではの観光スポットがたくさん。ほったらかしキャンプ場に遊びに行った際には是非周辺の観光スポットにも訪れてみてください!

ほったらかしキャンプ場の基本情報

住所:〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669−25
電話:080-9677-1010
チェックイン:13時~17時
チェックアウト:翌11時
公式サイト:ほったらかしキャンプ場

この記事をシェアする

よかったら、こちらをクリックして頂けると嬉しいです!

アウトドアランキング

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す