World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理

calendar

reload

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理

この記事は

  • 飯盒料理を簡単に作りたい人
  • 焚き火しながら料理を作りたい人

に読んで頂きたいです。

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理

【焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理】炊き込みごはん

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理_1

キャンプご飯に最適でお手軽、オカズがなくてもこれだけでおいしいです。

余ったらおにぎりにもできるので便利です。今回はツナ缶を使いますが、カニ缶やサバ缶など、応用して作るのもオススメ。

炊き込みごはんの材料(3~4人前)

  • お米 2合
  • ツナ缶 1缶
  • だしの素 少々
  • 醤油 適量
  • みりん 適量
  • 酒 適量

炊き込みごはんの作り方

  1. お米を洗って飯盒にセットする。
    ※水はまだ入れないでください。
  2. 1にだしの素、醤油、みりん、酒を入れてから、水を2号の目盛りよりも少し下まで入れる。
  3. ツナ缶をオイルごと入れ、混ぜる。
  4. 白米と同様に普通に炊いて完成。お好みでアサツキやシソなど、薬味を散らしてもおいしいです。

【焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理】味噌汁

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理_2

普通の白いご飯を炊きながら、中ぶたで味噌汁を一緒に作れます。

面倒な方は、中ぶたに水と即席の味噌汁の素を入れるだけでも作れてしまいます。

携帯に便利な乾燥した具材などがとても便利です。

味噌汁の材料(3~4人前)

  • お好みの味噌汁の具材 適量
  • 水 適量
  • だしの素 適量
  • 味噌 大さじ2程度

味噌汁の作り方

  1. 飯盒の中ぶたにお好みの具材、水を入れる。
    ※水は具材の量によって調整してください。8分目くらいまでが目安です。
  2. 飯盒にセットしたお米と一緒に飯盒にセットし、炊ければ完成。

【焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理】ナポリタン

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理_3

飯盒は本体と中ぶたを上手に使えば、パスタも作れてしまいます。

今回は、昔ながらの喫茶店のナポリタンの作り方をご紹介します。辛いのが好きな方は、粗挽きのコショウを振るとよく会うのでオススメ。

市販のレトルトソースなど使えば、応用して違うパスタも作れて楽しめます。

ナポリタンの材料(1人前)

  • パスタ 80g
  • ピーマン 1個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ソーセージ 3本
  • マッシュルーム 2個
  • 油 適量
  • チューブバター 大さじ1杯半
  • ケチャップ 適量
  • 粉チーズ 適量

ナポリタンの作り方

  1. 飯盒でお湯を沸かす
    ※中ぶたでフタをして、フタは外しておきます。
  2. フライパン代わりのフタに油をしき、細切りにしたピーマン、玉ねぎ、ソーセージ、マッシュルームを炒めてお皿に取る。
    ※お皿は最後に盛り付けるものでOK。
  3. フタにバターとケチャップを入れあたためる。
    ※この時にケチャップが少し焦がすのがポイントです。ケチャップは少し多めの方が、喫茶店のものにより近づきます。
  4. お皿に移しておいた2をフタに戻し、よく絡めておく
  5. 沸騰したお湯でパスタを茹でる。
  6. 茹だったらお湯を切り、4に入れ軽く炒め、水分を飛ばす。
  7. 盛り付けて粉チーズを振り、完成。

【焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理】目玉焼き

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理_4

中ぶたとフタを使って、目玉焼きが焼けます。そのままご飯に乗せてもいいですし、ナポリタンに乗せればより喫茶店感が出ておいしいです。

焼くだけで簡単なので、料理が苦手な方にもオススメです。醤油やソース、ケチャップなど、お好みのものを色々用意すれば、飽きずに何度も楽しめます。

目玉焼きの材料(1~2人前)

  • たまご 2個
  • 油 適量
  • 塩コショウ 適量
  • お好みの調味料 適量

目玉焼きの作り方

  1. 中ぶたを火にかけ、油を敷く。
  2. 中ぶたが温まったらたまご2つを割り入れ、フタを閉める。
  3. お好みの焼き加減で火から下ろし、完成。

【焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理】飯盒プリン

焚き火しながら簡単に作れる飯盒料理_5

以前”バケツプリン”などの巨大プリンが流行しましたが、最近はSNSなどで”飯盒プリン”が、キャンパーを中心に密かなブームになっているようです。

フォルムもかわいく「夢のあるデザート」として話題になっており、成田ゆめ牧場では「飯ごうでDoプリン」という、牧場で絞った牛乳を使用した商品が出ています。

飯盒に入った1.5Lの巨大プリンで、食べ終わったらそのまま飯盒は使えるという斬新な商品です。

飯盒プリンの材料(7~8人前)

  • たまご 5個
  • グラニュー糖 100g
  • バニラエッセンス 適量
  • 牛乳 1L
  • ☆カラメルソース
  • 砂糖 200g
  • 水 100g
  • お湯 100g

飯盒プリンの作り方

  1. ボールにたまごとグラニュー糖を入れ、よく混ぜ合わせる。
  2. バニラエッセンスをお好みで適量、混ぜながら少しずつ牛乳を入れる。
    ※ザルなどでプリン液を1回漉すと、より滑らかにできます。
  3. 飯盒に2をオタマで入れていく。
    ※泡立たないようにそっと入れます。フチに多少気泡が出てしまったら、スプーンですくうか、バーナーで炙ると消えます。
  4. 飯盒が入る大きさの鍋にお湯を沸かし、沸騰したら中火にし、③にフタをして入れる。
    沸かすお湯の量は、鍋底から3cmほどでOK。
  5. 鍋にフキンを被せてフタをし、弱火で30分蒸したら火を止め、そのまま15分放置する。
    ※火力が強いと「す」が入ってしまうので注意。
  6. 粗熱が取れたら完成。

飯盒プリン ☆カラメルソース

  1. 中ぶたにカラメルソース用の砂糖と水を入れ、中火にかける。
  2. カラメル色になったら火を止める。(5~10分が目安)
  3. お湯を入れる。
    ※大きな音を立ててはねるので火傷に注意です。この手順をすることでサラッとした固まりづらいカラメルソースができます。
    手早く混ぜてなじませたら完成。
    ※トロみはお好みで調整してください。

この記事をシェアする

よかったら、こちらをクリックして頂けると嬉しいです!

アウトドアランキング

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す