World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

予約不要!いつでも気軽に無料でキャンプできる穴場とは?

calendar

reload

予約不要!いつでも気軽に無料でキャンプできる穴場とは?

この記事は

  • 急遽キャンプをする事になり予約不要で出来る場所を探している人
  • 群馬県にあるキャンプ場を探している人
  • 予約不要で無料でキャンプできる場所を探している人

に読んで頂きたいです。

【無料で利用できるキャンプ場】角淵キャンプ場

予約不要!いつでも気軽に無料でキャンプできる穴場をご紹介_1

今回は、群馬県にある無料で利用できるキャンプ場”角渕(つのぶち)キャンプ場”をご紹介します。ほとんどのキャンプ場は普通有料ですよね?筆者は無料で利用できる、数少ない穴場のキャンプ場を関東で発見しました!

無料で利用できるキャンプ場の場所

予約不要!いつでも気軽に無料でキャンプできる穴場をご紹介_2

場所は玉村町というところで、JR高崎線の新町駅から車で8分ほどの河川敷にあり、砂利の駐車場は広いので車はかなりとめられます(駐車場ももちろん無料)。東京のデパ地下で大行列を作った、ラスクで有名なガトーフェスタハラダの本社がすぐ近くにあります。

本社は宮殿のような豪華な造りでコーヒーを飲め(無料)、平日限定の工場見学に行くと、見学者限定の「グーテ・デ・ロワ ブリュレ」を試食できます。こちらはラスクになる前のフランスパンにバターを染み込ませ、粉糖をバーナーで炙ってキャラメリゼしたもので、ここでしか味わえないので、キャンプのついでに寄り道するのにかなりおすすめです。

このキャンプ場は埼玉県と群馬県の境目に位置し、烏川河川敷総合レクリエーション基地の中にあります。基地の中には野球場、広場、バーベキュー広場もあり、緑が豊かです。

水道もトイレ(ボットン便所)もあり、車ですぐ行ける距離にコンビニやスーパーもあるのでかなり便利です。筆者はデイキャンプで訪れ、カレーを作りました。ベンチや調理台もあり、使いやすいです。

日曜日だったので混み合っていて、子供連れで何組かの家族が仲良く賑わっていました。水道台も多めにあるので便利です。持参した自立式ハンモックで昼寝しましたが、キャンプ場内がゆったりとした雰囲気でのんびりくつろげます。フラッと行って好きな時に帰れるのも嬉しいですね。

角淵キャンプ場はなんと予約も不要

予約不要!いつでも気軽に無料でキャンプできる穴場をご紹介_3

予約不要なので、いつでも気が向いた時に気軽にキャンプできます!無料でいつでも行けるなんて最高ですね。土日は家族連れで賑わっていますが、平日は1人キャンプ(主に男性)をしている人が多いので、ソロキャンプデビューするのに最適です。

予約不要で無料なので、いつ行ってもどれだけ滞在しても問題ありません。基本的にキャンプ場に管理人さんはおらず公営の施設なので、きちんとゴミを持ち帰り常識を持ってキャンプをすれば、結構自由でゆるい感じがまたいいです。

ノラ猫が結構いてご飯を狙って来るので、かわいくて癒されますが、触らせてくれず絶妙な距離を取ってきます。夜は真っ暗ですが静かで、時間がゆったり流れます。

角淵キャンプ場内に焚き火台も完備

キャンプ場内は好きな場所で焚き火してOKですが、焚き火台も多数あります。テーブルタイプとU字坑の2種類あり、間隔も結構広いので大きく使えます。

さらにいたる所に枝が落ちており、少し歩いて川を渡ると林があるので、薪の調達も無料で自由にできます。筆者はいつも林の中で枝や落ち葉を拾うので、薪代は0円です。たまに倒れた木の幹が落ちているので、かなり長時間燃えてくれます。

松ぼっくりもそこら中に落ちているので、着火剤として重宝しています。以前5時間くらい焚き火をし続けて焼き芋をしたのですが、芋を燃やしすぎて灰にしてしまったので注意です。

また、湿っている木や生木が混ざると火が消えてしまうので、木をよく見極めましょう。また、焚き火は結構服に臭いが付き、火の粉が飛んで服に穴が開くこともあるので、焚き火用の服を着用することをおすすめします。

焚き火をしていると周りのソロキャンプしている方達が挨拶してくれ、田舎はいいなぁとしみじみ思います。これだけ自由に楽しめるキャンプ場はなかなかないので、キャンプデビューしたい人はぜひ行ってみてください。

住所:群馬県佐波郡玉村町角渕烏川 河川敷内
名称:角渕キャンプ場

この記事をシェアする

よかったら、こちらをクリックして頂けると嬉しいです!

アウトドアランキング

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す