World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!

calendar

reload

北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!

この記事は

  • 北海道でキャンプ場を探している人
  • キャンプで自然を満喫したい人

に読んで頂きたいです。

北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!

北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!_1

キャンプ好きの方には北海道の大自然の中でキャンプをしてみたいという方も多いのではないでしょうか。北海道はバンガローが充実しているキャンプ場がたくさんあります。

しかも本州のキャンプ場に比べかなりリーズナブルな価格設定になっているキャンプ場が多いのも魅力の一つです。

今回はバンガローに泊まることのできる北海道のキャンプ場を4つ紹介していきたいと思います!

【北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!】オートリゾート八雲

オートリゾート八雲はフリーテントサイトや車ごと入れるカーサイトなどテント泊でも十分楽しめるキャンプ場ですが、メゾネットタイプのロッジが特徴的で、暖房やお風呂、キッチン付きで寒い時期にも快適に過ごすことができます。

施設が充実していて大人も子供もわくわくしてしまうツリーハウスや展望台、五右衛門風呂体験なども出来る貴重なキャンプ場です。

周辺の観光施設には、噴火湾を望むことのできるレストランや、温泉もあるのでキャンプ帰りに立ち寄ってみるのもおすすめ。

オートリゾート八雲の情報

・所在地: 〒049-3124 北海道二海郡八雲町浜松368−8
・料金:入場料1000円(小学生500円) ロッジ使用料10300円~(時期により変動)
・営業期間:4月13日~11月10日(2019年)
・公式サイト:オートリゾート八雲

【北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!】望洋台キャンプ場

望洋台キャンプ場は日本海を見渡せる丘の上にあり、絶景も味わえるキャンプ場です。フリーサイトやオートサイトの他にバンガローが充実しています。毛布や食器などもレンタルできるので手軽にアウトドアを楽しめます。

雄大な海を見渡せるキャンプ場のため、ロケーションの良さを求める方には特におすすめのキャンプ場です。

シャワーがあるので近くのビーチで遊んだあとは砂や汗をさっぱりと洗い流すことができます。近隣にはゆったりかんという温泉施設や、陶芸体験ができる施設などもあり観光スポットもたくさんあります。

望洋台キャンプ場の情報

・所在地:〒078-3311 北海道留萌郡小平町花岡
・料金:入場料400円(子供150円) バンガロー使用料2500円~(タイプによって異なります)
・営業期間:6月下旬~8月下旬
・公式サイト:望洋台キャンプ場

【北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!】星に手のとどく丘キャンプ場

星に手の届く丘キャンプ場は北海道の富良野にあるキャンプ場です。星空が絶景と言われている富良野ですが、星に手のとどく丘キャンプ場は富良野の星空を存分に楽しんでもらうために極力灯りが抑えられていて、息を飲むような絶景を体験することができます。

テントサイトの他にも様々なタイプのバンガローが充実しているので、人数や好みによって選べます。中でも絶景を見ることのできる展望テラス付きのバンガローは星空を楽しみたい方は利用してみるのもおすすめ。

このキャンプ場の近くには魚釣りを楽しむことのできる美しい渓流や、クワガタが捕れるスポットもありお子様と大自然を満喫するのもいい思い出になりそうです。

また、17時までにチェックインすれば本場のジンギスカンを味わうことができます。(予約制)

富良野は温泉が豊富なことでも知られているので、温泉巡りをしたい方にとっても嬉しいキャンプ場です。

星に手のとどく丘キャンプ場の情報

・所在地: 〒071-0711 北海道空知郡中富良野町中富良野ベベルイ ひつじの丘内
・料金:入場料800円(子供400円) バンガロー使用料5000円~(タイプによって異なります)
・営業期間:4月27日~9月30日(2019年)
・公式サイト:星に手のとどく丘キャンプ場

【北海道のおすすめキャンプ場 バンガローで快適に!】青少年交流キャンプ村

青少年交流キャンプ村は自然に囲まれたキャンプ場で、テントサイトの他にバンガローが10棟あります。バンガローの中はとてもきれいでシンプルな作りになっていて、二段ベッドとコンセントが用意されています。寒い時期でも電気アンカ等を持参すれば快適に眠れること間違いなしです。

とてもこじんまりとしたキャンプ場ですが、トイレや炊事場などの設備も綺麗に清掃されていて、とても気持ちよく利用することができます。

キャンプ場内には子供たちが遊べる遊具が揃っていて、設営時や飽きてしまったときなどにも遊ばせておくことができるので安心です。また、グリーンパーク新十津川という温泉施設もあるので利用してみるのもおすすめ。

近隣の観光スポットも豊富で、中でも緑に囲まれた環境でゆったりと楽しむ事のできる「かぜのび」という美術館は彫刻体験もできるそうなので、アートに興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

青少年交流キャンプ村の情報

・所在地:〒073-1106 北海道樺戸郡新十津川町字総進191−4
・料金:バンガロー4人用3800円 6人用5700円
・営業期間:4月27日~10月31日
・公式サイト:青少年交流キャンプ村

この記事をシェアする

よかったら、こちらをクリックして頂けると嬉しいです!

アウトドアランキング

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す