World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

ソロキャンプで何する?ソロキャンプの過ごし方6つ紹介!

calendar

reload

ソロキャンプで何する?ソロキャンプの過ごし方6つ紹介!

この記事は

  • ソロキャンプでどう過ごすか検討している人
  • 会社の人間関係に疲れている人

に読んで頂きたいです。

ソロキャンプの過ごし方紹介

ソロキャンプにおすすめの過ごし方

読書

ソロキャンプの過ごし方とは?_1

意外かもしれませんが、読書は非常におすすめです。

テントを張ったらほぼ後は寝る時間を待つだけ、やることがあまりないということも多いソロキャンプ。

キャンプに行く前に気になる本をピックアップして買っておき、それをランタンの明かりのもとで一気に読むのです。

漫画や楽しい本を笑いながら読むもよし、普段は読まないような小難しい本をあえて持って行って読むもよし。

いつも読む本でも、違う観点から読むことができるかもしれませんね

一冊の本を読み切るのには、ある程度のひとり時間が必要ですから、そういった意味でもソロキャン向きです。

また、冬キャンプだけのお楽しみですが、お気に入りのコーヒーや紅茶などを持って行って、身体を温めながら、また焚き火が可能なところであれば、焚き火の火にあたりながらのんびりと本を読むのも、1つの楽しみ方です。

音楽をきく

ソロキャンプの過ごし方とは?_2

キャンプをしている時は、基本的に周りが静かです(混みあっているキャンプ場もありますが)。

自然の音を楽しむのも、もちろんソロキャンプの醍醐味の1つではありますが、自分が好きな音楽を音楽プレーヤーに入れて行って何時間も聴く、という楽しみ方もできます。

綺麗な景色の楽しみ方の一つとして、その季節の景色に合う音楽を探してみる、だとか、このキャンプ場にはこの音楽がいい、というものを探してみるのもどうでしょう。

楽しみかたは本当に幅広いと思います。

また、あえて普段聞かない音楽をチョイスするのであれば、ラジオを持っていくのも1つの方法かもしれません。

FM局などであれば、音楽を中心に流している局もあります。また最近は携帯電話でも聴くことができるラジオアプリも存在するので、そちらを使用して聴くのも良いかもしれませんね。

 写真撮影

ソロキャンプの過ごし方とは?_3

有名なキャンプ場がある場所は、絶景が広がっている事が多い他、そうでなくてもかなり綺麗な風景が広がっているところが多いです。

また、キャンプをして毎回写真を撮っていると、前回までは気づかなかった場所に気づく、新しい視点を持つことができたり、同じ場所で違う時期に撮影した写真を一つの作品として楽しむことも可能なので、非常におすすめです。

よいカメラであれば星空の撮影なども可能ですし、また朝焼けや夕暮れ時ならスマホでもかなり良い写真を撮ることができます。

また、写真を撮る事で、行った場所を記録に残すことも可能なので、そういった意味でも写真撮影は非常におすすめです。

ソロキャン仲間を見つけて、写真を撮り合い、こういったところに行ったと報告し合うのも楽しいですし、SNSに上げるためにとびっきりの綺麗な写真を毎回撮るというのもモチベーションが上がるかもしれませんね。

楽しみ方は千差万別ですが、ソロキャンの中でおすすめなことの一つです。

スケッチをしてみる

ソロキャンプの過ごし方とは?_4

目の前にどこまでも広がる山や海をスケッチしてみてはいかがでしょう。スケッチブックと鉛筆やボールペンなどがあれば簡単にできます。

上手でなくてもいいのです。自分の目に映る景色が、そのスケッチの正解なのです。

筆先からスケッチブックに気持ちが入っていきます。

夕暮れにさらりと輪郭を描いておき、夜の間に詳細部分を塗りこんでいくのも楽しいです。思いがけず、幻想的な仕上がりになることもあります。

手紙を書く

ソロキャンプの過ごし方とは?_5

普段書かない人、普段おせわになっているけれどなかなかお礼を言えない人に手紙をかくのもおすすめな時間の過ごし方です。

時間に制約されることなく、広い気持ちで素直な気持ちをつづってみてください。

ソロキャンでゆったりとしている時間を持てるからこそ、おこなうことができることでもありますね。

凝った料理を試してみる

ソロキャンプの過ごし方とは?_6

キャンプでの楽しみが、アウトドア料理。

簡単にカップヌードルやレトルトパウチなどのインスタントで済ませても、キャンプ場で食べればいつもと違う味わいがあります。

また、あえてすごく凝った料理をしてみる、というのはどうでしょうか。

アウトドアでは特に、体が温まる料理がおすすめ。

パスタや鍋など、身体が温まる食べ物を、普段はしない味付けで食べるのも楽しい挑戦です。

何をしても自由!(準備があれば)

ソロキャンプは、基本的に何をしても自由ではありますが、逆に言えば何も考えずに向かうと、本当に時間を持て余してしまうこととなります。

いくつかやりたいことをピックアップして、準備物を持っておき、それを実行していくのがおすすめです。

ソロキャンプ時の注意点

ソロキャンで電子機器を使う場合、特に冬場の寒い夜などであれば、電池の消費が非常に早くなります。バッテリーや予備の電池は持っていきましょう。

また、キャンプ場では、翌朝早起きするために早くから寝ている人もいます。

夜には大きな声で電話をしたり、ラジオをがんがんにかけたりするのは控えましょう。

ソロキャンプの過ごし方のまとめ

ひとりの時間を優雅に過ごす大人の楽しみをしたり、子どもに戻ってみたり。

本当の自分に戻って時間を楽しく過ごすことができるのが、ソロキャンプです。

これから春、夏と、キャンプがしやすい時期が近づいてきています。

ぜひ、ソロキャンプをしてみてくださいね。

この記事をシェアする

よかったら、こちらをクリックして頂けると嬉しいです!

アウトドアランキング

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す