World Free Store のブログ

【Mammut(マムート) 専門店】World Free Storeのスタッフによる雑記ブログ

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?

calendar

reload

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?

この記事は

  • 焚き火と相性が良いお酒を探している人
  • ウィスキーを屋外で楽しみたい人

に読んで頂きたいです。

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?

ゆらゆらと揺れる焚き火を見ながらウィスキーを楽しむのは真の大人の楽しみです!

今回は焚き火と一緒に楽しむウィスキーの良さやおすすめウィスキーをご紹介します。

焚き火の楽しさを倍増してくれるウィスキー

ウィスキーがあると、焚き火を見ながら過ごす時間が何倍にも楽しくなります。

「アルコール飲料なら、ビールでもチューハイでも一緒じゃないの?」

と思っている焚き火ウィスキー未経験者の方にはぜひ焚き火×ウィスキーの絶妙な良さを判ってもらいたいと思います。

【焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?】燻製や燻製チーズに良く合う

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_1

ダッチオーブンを利用すれば、焚き火で簡単に燻製を作る事ができます。

そんな焚き火のお供ともいえる燻製にウィスキーはぴったりなのです。

もともと、どんなお酒にも燻製はとても合います。

ですが、味わいが幅広く複雑で強い個性のあるウィスキーと煙で燻されたスモーキーな燻製との相性が抜群に良く、双方のうまさを引き立てあってウィスキーを楽しむ時間をより有意義にしてくれるのです。

【焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?】1本あれば3パターン楽しめる

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_2

ウィスキーが1本あれば、ストレートからロック、ハイボールと3パターンもの楽しみ方ができます。

バーベキューやアウトドア料理を楽しむ時はハイボールで楽しむのが合いますし、食後のくつろいだ時間をゆったりと過ごしたり仲間と話をしながら楽しむ場合は味わいを噛み締めるロックやストレートが合います。

これだけ表情の違う楽しみ方ができるのもウィスキーならではの特徴です。

【焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?】会話を盛り上げてくれる

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_3

キャンプの夜に焚き火を囲んで仲間と過ごす時間は本当にかけがえのない時間です。

焚き火のゆらゆら揺れる炎が癒し効果も与えてくれるため、おいしいウィスキーを片手に語り合うのはとにかく最高です。

ウィスキーと焚き火の心地良さでとてもリラックスした時間を過ごすことができます。

【焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?】焚き火におすすめのウィスキー5選!

ニッカ フロムザバレル

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_4

ウィスキーは通常加水してアルコール度数を調整して瓶詰めされていますが、ニッカ フロムザバレルはあえて樽出しそのままに近い51%もの高い度数を楽しめます。

加水を最小限にしているため香りが強く、ガツンとした飲みごたえがあります。

価格も3千円前後と購入しやすく、ハイボールでも個性のある味が楽しめる一品です。

ボウモア12年

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_5

スコットランドにあるアイラ島で作られるボウモアは潮風を受けながら作られた海のシングルモルトとも呼ばれるウィスキーです。

ボウモアはスモーキーで絶妙なバランスのある甘い味わいが特徴ですが、12年は特にグレープフルーツのような柑橘系のさわやかな香りと蜜のような甘い後味とビターチョコのような余韻が長く楽しめる一品です。

ハイボール、ロック、ストレートとどの飲み方でもキャンプにぴったりの一杯が楽しめます。

サントリーオールド

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_6

丸っこい瓶の形が特徴的なサントリーオールド。

その形状から、「だるま」や「たぬき」などの愛称で親しまれてきた日本を代表する定番ウィスキーです。

昔から愛されてきたウィスキーですが、現在は味わいはさらにまろやかに、かつ上質感・高級感を損なわないウィスキーに成長しています。

シェリー樽で熟成された果実のような甘い香りとチョコレートのようなビターな雰囲気が特徴です。

ストレートやロックはもちろん、水割りやハイボールなどどんな飲み方でも楽しむ事ができ、アウトドアでの食事との相性も抜群です。

ザ・グレンリベット(ファウンダーズリザーブもしくは12年)

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_7

ザ・グレンリベットは、スコットランドのスペイサイド地方を代表するシングルモルトウィスキーで、世界で2番目に売れているといわれています。

豊かな香りやフルーティ感、甘み、スムース感すべてがバランス良く、なおかつ飽きのこないウィスキーテイストです。

12年はバニラやオレンジ、れんげの花、シトラスといった香りに包まれ、甘みを感じるものの後からレモンや洋ナシ、青リンゴのような爽やかなフルーティな香りが鼻口を駆け抜け、はちみつのような華やかな風味も感じらる誰でもとても飲みやすい一品です。

また、ファウンダーズリザーブは元来のシトラスやフルーティ感を残しながらも強い甘みとバニラ感を感じられるウィスキーで、ノンエイジながらもスムースで柔らかい飲み口となっています。

ジャパニーズウィスキーとはまた違う味わいが楽しめながらもウィスキー初心者でも飲みやすいため、キャンプでは食事と一緒にハイボールなどを作れば仲間同士で盛り上がることができます。

ザ・マッカラン12年

焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?_8

ザ・グレンリベットと同じスコットランドのスペイサイド地方で作られているシングルモルトスコッチです。

スペイサイド最小の蒸溜釜を使用して作られており、マッカラン特有の豊かな風味や芳醇な味わいがあります。

ドライフルーツのような甘みと熟成感のあるフルーティさがありながらも華やかで上品な香りがあり、うっとりするような甘さとバニラやカラメルのような余韻を味わえる、まさに王道のウィスキーです。

シングルモルトのロールスロイスとも呼ばれており、ウィスキーをまったく飲んだことが無い人でも間違いなく美味しいと感じられる一品です。

【焚き火とウィスキーが抜群の相性!その理由やおすすめウィスキーは?】まとめ

焚き火をじっと眺めながらゆったりとウィスキーを飲むなんて、究極に贅沢な時間の過ごし方です!

キャンプの焚き火のお供にぜひおすすめのウィスキーを準備して楽しんでみてくださいね。